脚が太くなる原因を理解して脚痩せにはげむ

原因のひとつとしてみれば、過去に学生時代などで、運動部などに所属して長い期間での激しい運動をする事により、成長期の頃は特に鍛えれば鍛えるほど筋肉が付きます。
それが、社会に出るにつれて段々と運動をしなくなるにつれて、年齢とともに代謝も悪くなり筋肉量は減り、その筋肉の周囲に脂肪にが付きやすくなる事があります。
また、歩き方などに問題がある人も、太くなる傾向があります。

リンパの流れが悪いとむくむ

歩き方などに問題がある人は、上手く血液が流れにくく、老廃物を血液の循環で出し切れていないことも原因のひとつと言えます。
それと同様に、女性の方々は冷え症に悩まされている方々も多いと思われます。
人間の体は弱いところを強くする性質があり、その分脚を温めるために、脂肪をつけて温度を保とうとしているからです。

脚のマッサージ

あまり極度に脚を細くするのは、ホルモンバランスを乱したり、体調を崩す恐れがあるので、身の丈に合った方法のひとつは、まずはマッサージをお勧めします。
手で握りこぶしを作り、セルライトを潰す事を意識しながら、上から下にキャタピラのように下げていくのが良いと思います。その時にお風呂上りや、蒸しタオルなどで血流を良くしてから、やるとより効果が出ると思います。
他には、早歩きエクササイズなどの方法もありますが、運動するのが痩せたいけれど面倒だと思う方も中に入ると思いますので、そのような方は現代では、履きながら脚を細くするレギンスなどが、リーズナブルなお値段でデパートなどに売っているので、そのような物を試してみるのが良いと思います。

脚が太くなる原因をしる

いくら運動をしても、脚の脂肪と取るのはなかなか難しいと思います。
脚は第二の心臓とも言われているからです。間違った運動をしても逆効果になります。自分の脚が太くなる原因をしっかり学び、自分にあった美脚を目指し維持する事が大事なので、ケアのコツとしてみれば、骨盤の見直しが一番大事だと思います。
骨盤のゆがみなどから、血行不良から冷え症の原因に為りかねないからです。
そうなればいくら運動をしても、まったく脂肪は落ちないので、まずは骨盤を正常な形、ゆがみを治し維持することが大切だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ